知らないと損するプロトレーダーの思考

心理的に正しいトレードとは

あまりにも多くの初心者が認識しているようでしていない教訓があります。

それは、「通貨を取引するのではなく、人を取引する」です。

つまり、通貨を買うたびに誰かがその通貨を売っており、通貨を売るたびに誰かがその通貨を買っているという事実をちゃんと認識していないのです。

オリバー・べレス氏らはこう伝えています。

「問題は、あなたか、画面越しのだれかのどちらが賢いのか」ということです。

傲慢な言い方にかえるなら、トレーディングを成功させる能力とは、馬鹿を探す能力とも言えます。

割安な値段で売ってくる人、割高な値段で買ってくれる人を探し出すことがトレードを成功させる秘訣です。

人は何故、そんなハイリスクな相場で取引をしてしまうのか不思議と思うかもしれません。

本質的にトレードの8割は心理的な要素だと言われていますから、あなたを含め全てのマーケット参加者が必ず直面する心理的、感情的な場面に遭遇します。

その困難に対処する方法や基礎知識をここでは無料で提供します。

勝ち続けるための心の準備

トレード戦略や手法というのは、一朝一夕で身につく物ではなく、またその背景にあるトレーダーの培った精神状態が準備できてなければ、全く意味がないものです。

あなたがプロトレーダーの手法を真似たところで、その手法を築き上げてきたそれまでの経験や、屈指の精神がなければ本来の力を発揮できません。

ここでは、トレードの知基礎的識を無料で提供するとお話ししました。

その知識をもって、徹底的に検証してほしいんですね。

深い認識に落とし込むことがあなたの財産になります。

その財産という名の思考が、「正しいトレード方法」というわけです。

 

ここに書かれていることを読み解き、完全消化したあなたは、プロトレーダーになれると確信しています。

精神的にも優位性を保つことができるようになり、どんな局面にも冷静に対処できるはずです。

少しでもFXを楽しめるような、夢中で検証したくなるようなコンテンツに仕上げていきますので、興味のある人はドンドン読み進めていって頂けると嬉しいです。

プロトレーダーの世界を理解する

SNSとかでよくFXトレーダーの動画が投稿されているのをよく見ます。

いたって、普通の方のように見えますが、実際は私たちの1か月分の給料を、たった数分で取引している方々ですよね。

そんなプロトレーダはいったいどんな思考で、この世界を見ているのでしょうか。

色んな目線から解説していきたいと思います。

コンサルタント料がいかに割高か理解する

プロトレーダーになるために、マーケットに支払うコンサルタント料はいったいどれくらいなのか気になりませんか。

きっと容易に想像できない金額をマーケットに支払っていると思います。

それこそ身を削る思いで自分自身と闘いながら、ようやく自分なりの手法というのを確立したのだと思います。


よく、専業トレーダーになるために、自ら進んで今の仕事を辞める方がたまにいるようですが、熟練トレーダーからすれば、トレーダーになるというころの本当の意味を理解できていないと、オリバー・バレス氏は言います。

はっきり言うと、マーケットが十分に理解できるまでに経験した痛みと苦悩は極めて深いということです。




ですが、そんなコンサルタント料を支払った人への最終的な報酬は今までの人生をひっくり返すほどです。

パソコンとネット環境さえあれば、世界中のどこからでも自由にトレードでき、莫大な利益を生むことができるからです。

もっと言えば、私たちの1か月の給料をたった数分で稼ぐことができるし、それ以上を数時間で稼ぐことも可能となる訳です。

手に持っているマウスを数回クリックするだけで、平凡な人々が日々、満員電車に忙殺されながら通勤してり、嫌な上司の機嫌をとるためにあれこれ考えるといった現実から解放することができるんです。

上昇か下降かを当てて対応するだけで、自分の物欲を満たし、束縛のない安息を手に入れ、そして誰もその生活を奪うことができない自由を獲得できるんです。

これ以上のない生活だとは思いませんか。




しかし、そこまで至るまでは、かなりの辛抱を要します。

上記に書いた夢のような生活を実現するには、いかに困難な状況になっても生き残らなければなりません。

では、一体何が困難な状況なのか。


それは、分析でも、手法でもありません。

自分自身のメンタルコントロール」です。


何度でも言いますが、FXはどれだけリスクを許容できるか、そのリスクをなんの感情もなく受け入れ、自分の信じる分析と手法を淡々と使えるかだと思います。

恐怖、不安、萎縮、怒り、復讐、逃避などのネガティブ感情を自分の判断を左右させます。

この感情を痛み、困難を得て克服しなければならないとありますが、逆にこの感情は大きなパワーとなります。

うまく乗りこなせば、人生を変える力になるんですね。

つまり、ネガティブ感情を操ることが出来れば、コンサルタント料をなるべく減らし、あなたの人生を変えるパワーとして支えてくれることになります。


そんな感情を操るテクニックをここのサイトでは無料で紹介してますので、よかったら見ていって下さい。

過去を見ずに目先を追及せよ

過去のチャートをみて、どんな影響があって変動した結果があるのかを振り返るのには意味があります。

その過去があるから今現在のチャートを形成しているからです。

ですが、過去を検証することに意味があるのかと言われたら、どうでしょうか。

あまり意味はなさそうですよね。

むしろ、これから何が起きる可能性があるのかを予想することは、比べても価値がありそうです。



このチャートを見ている人たちがどんなシナリオを描いているのかが理解できると勝算があがるのは、言うまでもないと思います。

ただ、人間は遠い未来、もっと言えば近い未来でさえも予測するのが不得意な生き物なんですね。

そう簡単に予測と言われても抵抗しか感じないと思います。

ここでオリバー・べレス氏はこう言います。

「2日、2週間先を見通す姿勢でマーケットに参加すべきだ」

実際、これから説明はしていきますが、環境認識での上位足で、週足、日足レベルのチャートを使用します

ここの環境認識をしっかりと行うことが、私たちが求める正確性・成功・安心に繋がると伝えている訳ですね。

プロトレーダーはわずかな道具しか必要としない

トレーダーとして成功するために、たくさんの手法を組み合わせて分析しているトレーダーがいますが、絶対にしないでください

むしろ判断基準が多すぎて判断に迷うからです。

例えば、

「この手法でいえば、絶好のエントリータイミングだけど、こっちのシグナル判断が微妙だから様子見だ。」

「結局、迷った場面でエントリーしておけば利益出てたな。」

知識が豊富でなければトレードできない訳ではありませんし、むしろその考えは必ずしも正しくないというばかりではなく、事実とは逆傾向が高いです。

要は、知識が豊富であるがゆえに、必要のない思い込みを助長させてしまうからなんですね。

はっきり言って、手法はシンプルで問題ありません

安定的に機能する2~3つの手法を見つけ、それを繰り返し使用するべきです

反復は手法を洗練させますので、有用性が高いです。

チャートは嘘をつかない

先述しましたが、チャートはお金の動きをグラフ上に表示したものにすぎません。

つまり、人間の心理、繰り返し起きる恐怖や欲望、そして不確実性のサイクルを示したものになります。

ただ一つ確実なものがあります。

それは、

チャートのグラフが事実だということです。

売り注文を出せば、瞬時にチャートに反映され、ロウソク足が各時間単位で変動しているのです。

そのロウソク足が確定して軌跡を描いている先に、マーケット参加者が何を感じているのか、何を仕掛けようとしているのかをつまびらかにします。

FXでも株式投資でもチャートを分析素材として使わないということは、チャートを熟知しているマーケと参加者の餌食になるリスクを抱えるということになります。

簡単に言えば、熟練したトレーダーになるには、チャート分析を行わないと話にならないということです。

常に知識を求め、新しいものへとアップグレードさせる

ここで、中国のことわざの一例を紹介します。

魚を与えるのではなく、釣り方を教えよ

このことわざの意味はこうです。

「飢えている人に魚を与えればその日は食べることが出来るが、魚の釣り方を教えれば一生食べることが出来る」というもの。

つまり、稼いでいるトレーダーの手法や知識を教えてもらってもその時しか利益は発生せず、継続して利益を生み出すこととは違いますよと伝えている訳です。

この世の中には沢山の知識が溢れかえっていますが、あなたに必要な知識を常に新しいものへと変えていく事が大事なことなんですね。

そうやって自分で選択した知識を追い求め、昇華させたときに初めて、継続した利益を生み出すことに集中してください。

もう一度言いますが、継続した利益を上げ続けるためにの知識を学ぶことを忘れないでください。

FXで人生を変える知識を学ぶには

このサイトでは、中国のことわざの通り、釣った魚をを提供するのではなく、釣り方を提供しています。

FXの基礎的な知識から応用まで幅広く提供していきます

 

また、あなたに合った鍵を下のリンクの中に揃えて準備しております。

どうか、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

ご来店お待ちしております

https://givekey-foru.com/welcome/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です