成功への誘い

テクニカル分析だけでは勝てない理由

結論から言うと、自分の心理分析が必要になってくるからです。

これを完全に学ぶことで、デモトレードのように気軽で単純に、ストレスがないトレードを実行できるはずだと、投資家マーク・ダグラスは伝えています。

実際、これを不可能のように感じる方もいると思います。

ですが、実際に勝ち続けているトレーダーは、この可能性と現実とのギャップをかなり埋めているといいます。

 

投資家マーク・ダグラスによると、このギャップを埋めている要素は、知性でも、分析でも、才能でもないんです。

一貫して負け続けている大多数は、医者、弁護士、経営者、マーケット分析者など社会的に名の通った聡明な人だそうです。

つまり、知性や優れた分析は成功に寄与するものだとしても、勝者と敗者を明確に区別する要素ではないんですね。

では、何がそれを分けているのか、それは「他人とは違った考え方をする」からです。

だから?という声が聞こえてきそうですが、次にどのような考え方をしているのか説明します。

 

参考文献

マーク・ダグラス.ゾーン

一貫性を保て

勝ち続けているトレーダーは、様々な苦難を乗り越えたあと、独自の姿勢を確立して、逆境にも関わらず自分の決めたルールと相場への集中力、そして何よりも自信を維持できる一貫性を持っています。

他人の手法を真似して利益を生んできたとしても、それを一貫できるか否かは自分の姿勢次第です。

「投資は自分の頭で考えろ」と、有名な投資家ウォーレン・バフェットも言っていた通りで、他人の手法を真似して考えることを放棄した人が、今度損失していくとどうなるか分かりますよね。

きっと、こうなります。

「この手法は詐欺だ」「あの投資家はなんも分析できていない」「騙された」

厳しいことを言いますが、他人が血と涙の結晶で確立できた手法を「簡単に稼ぐ」という欲望に駆られて搾取し、自分で決めたことに責任を取らないで批判するのは、どうみても破綻者だとは思いませんか。

もちろん、他人の真似をするのが悪いと言っているわけではなく、むしろ成功者の真似をするほうが成功しやすいとはあります。

ただ実は、この言葉に落とし穴があります。

他人の行動や手法を真似るのではなくて、「思考」や「戦術」を学ぶために真似するのはいいですよと理解しなくてはいけません。

リスクテイカーになれ

トレードの本質は逆説矛盾だといいます。

相場参加者がチャートを形成しているとお伝えしましたが、そこにある感情は精神的苦痛、金銭的苦痛です。

恐怖や萎縮、欲のせいで今まで非常に機能していた物の見方、姿勢、原理がトレード環境では逆に作用したりします。

つまり、トレードというのは結果が保証されませんし、損失の可能性は必ずあります。

では、仮にあなたがポジションを持った時点でリスクを負っていると感じますか?

当たり前だろと言われんばかりの質問でしたが、ここで言い方を変えます。

あなたがポジションを持った時に発生するリスクを受け入れていると認識していますか?

躊躇しない行動力を発揮せよ

勝ち続けているトレーダーは分析したあとで何のためらいもなく葛藤もなくポジションを保有するそうです。

分析が機能しなくても、同じくらいに何のためらいもなく葛藤もなく容易にその事実を認めています。

たとえ、損切りにあっても、不愉快な感情は一切見せないで次のシナリオを構築しているんですね。

逆に言えば、不愉快な感情でトレードしているのであれば、そのリスクを受け入れる方法を学んでいないということになります。

なぜなら、リスクを回避したい欲求とリスクを許容できない感情は比例するからです。

リスクを回避しようとする試みは、トレードを成功させる能力に大きな壁となって立ち塞がることになります。(プロスペクト理論

 

心理分析に必要な思考法

勝ち続けているトレーダーの思考を覗いてみてどう感じたでしょうか。

本能的にトレードすることが、確実に負ける様子が目に浮かべて頂けたかと思います。

ただ、こう思う方もいます。

「苦痛を伴うという事実は理解したが、何かを失いたくないという気持ちは当然ある。それを回避するためにできる限りのことを模索するほうがリスクヘッジなのでは?」

この意見は、逆にトレードを難しくしてしまう可能性があり、誤った行動になりやすいそうです。

なぜなら、

「常に不透明な将来に直面しているなかで、いかに自分の決めたルールや、集中力、自信を一貫して維持するか」

という逆説が存在するからです。

例えるなら、暗闇の森の中で前に進むときに一歩進んだら必ず周辺を見渡すというルールと、それを確実に行う集中力、その方法で森を抜けられる自信を維持できるのか位のレベルです。

そこに方角を示してくれるコンパスを出して、鵜吞みにしてたらコンパスが壊れていたり、足元を疎かにして滑らしたり、ライト代わりに火をつけようと作業してたら生活必需品を暗闇に無くしたりと、一貫して進んでいたらその間に安全圏に行けたかもしれませんよね。

では、どんなことを学べばいいのか紹介します。

トレーダー的思考法を身に着ける

この思考法の鍵は「リスク許容」です。

この思考法を学べば、相場が伝えてくる情報に苦痛を感じなくなり、避ける必要さえなくなります。

投資家マーク・ダグラスが認識しているトレードの4大恐怖「失敗」「損失」「機会損失」「利食い失敗」から影響を受けずに淡々とトレードに集中できると言っています。

確かに、どんなトレードも感情が左右されなければ正しい反応や判断が可能だと思います。

その段階にたどり着くまでに3つの段階を踏んでようやく一流のトレーダーになれると、投資家マーク・ダグラスは伝えています。

その3つの段階はこれです。

  1. 機械的段階
  2. 主観的段階
  3. 直感的段階

このトレード的思考法はまた別の記事で紹介します。

恐怖で人生を変えるには

トレードしてしていれば、誰にでも恐怖を感じると思います。

日常生活でも、新しい事を始めるのが怖い、初対面の人と話すのが怖いなどでも、人は恐怖心から逃げようとする傾向にあります。

しかし、この恐怖心というのは使い方次第では人生を変える力に変わることが分かっています。

ピッツバーグ大学の研究では、恐怖心を使って人生をより良い方向に向けることができるのかということを調べてくれています。

また、著者ラス・ハリスが提唱しているACTでは、感情や思考に振り回されてしまうという方でも、最短で恐怖心から感情を切り取るトレーニングがあります。

ネガティブ感情というのは、上手に付き合うことで、自分の人生を変えてくれる莫大なエネルギーとなります。

ここでは、こういったネガティブな感情を受け入れるための心理テクニックを紹介しています。

FXを学ぶために必要なのは、手法でも、テクニックでもありません。



リスクを受け入れるメンタルを養うこと、自分の感情をコントロールする技術です

具体的なテクニックを知りたい方はここからアクセスして条件を満たしてくださいね。

このテクニックはFXだけではなく、あなたの人生でも劇的に変える力があります。



豊かな人生になることを願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です