裁量トレードVSシステムトレード

どうもgive-keyです。

投資家やトレーダとして成功するためには、様々なハードルを乗り越える必要があります。

それこそ、収益性をあげるための戦略、資金管理の徹底、感情コントロールやバイアスの払しょくなどの心理学という重要な成功要因がどうしても難しい部門になります。

私はこれまで人生を豊かにするための心理テクニックを記事として提供してきましたが、その中にも十分相場において使えるテクニックが数多くあります。

バイアスから逃れる方法や、心を瞬時に落ち着かせて、冷静に相場環境を分析することに戻すことことだって、テクニックや意識だけで全然変わるからです。

人生が180度変わるよと、常々お伝えていているのはこれまでの心理的反応を、より俯瞰的に向き合う事が出来るため、今までのような動的反応から逃れる、つまり、今までの反応とは違う反応が出来るという訳です。

 

話を戻しますが、こういった感情コントロールや、自分で決めたルールを厳重に守れない人は、多かれ少なかれ大きな損失を被ることになるんですね。

ここで本題に入りますが、裁量トレードというのは基本人間の判断によるもので、様々な感情の動きに翻弄されながら冷静に判断していく方法に対して、システムトレードは決められたアルゴリズムに則って、自動売買していくものなので、感情に振り回されずに文字通り、機械的にトレードしてくれるところが優位性があるのではないか?

と、思うのには十分な理由があります。

ですが、それは本当にそうなんでしょうか?

勝手に私達がそう思っているだけかもしれませんし、実際の所あまり変わらないかもしれませんよね。

この記事ではそういった裁量トレードと、システムトレードにおける人の感情がどの様に影響を与えるのかを解説していきます。

この続きを読むにはスタンダード会員以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です