人の心が繋がりを強くする強みガイド 人間性編 〜VIA理論④〜

どうもgive-keyです。

今回も引き続き24の強みを引き出す強みガイドの解説をしていきたいと思います。

今回は人間性編になります。

ここで再度おさらいしますが、私たちはこの人生の幾多の場面において自分の性格の強みというものを持っています。

そしてその強みは24の強みに分類されます。

この強みというのは、自分の中で優先順位があるんですね。

要は優先順位が高ければ高いほど、その強みを優先的に使っている、つまり自分のアイデンティティに直結している強みという訳です。

一方で優先順位が一番低いのはなにかと言いますと、 潜在的に眠っているため上手に発揮できていない強みだと定義されています。

  さて、この優先順位というのは、一人ひとり違います。

それこそ、唯一無二の自分と表現されるくらいなのでどれくらいの組み合わせがあるかと言いますと、 なんと6千垓(がい)通りと言われます。(垓は京の万倍の通り)

それだけではなく、強みの表現の仕方も人それぞれ違いますので、この世の中に同じ強みの組み合わせは存在しないということになります。

ただし、その強みの優先順位は変動します。

正しく言うと、下位の強みを強めることが出来るということです。

ここでは、24の強みをひとつずつ解説していき、その強みの育て方ワークを紹介しているので、例えば、この強みの特徴を強めて理想の人間になりたいとか、強みが発揮しすぎて裏目に出てしまい、バランスを取れるようにしたいという方は是非ともこの強みの育て方ワークを1つでもいいから試してみて下さい。

それでは、人間性について解説します。

参考文献

強みの育て方.ライアン・ミーニック

VIA強みテスト

Character Strengths and Virtues:A Handbook and Classification. Christopher Peterson. Martin E. P. Seligman  

この続きを読むにはスタンダード会員の登録が必要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です